送信者の高い評判スコアは、適切なボリュームの電子メールを送信した IP アドレスと関連付けられます。 突然のスパイクは、断続的な送信ボリュームと同様に、スコアを下げます。 Microsoft は、各地域の Dynamics 365 for Marketing からのメッセージ送信専用の複数の IP アドレスを維持し、各 IP の送信量を一定に保つために、送信負荷を分散します。 新しい送信 IP を地域に追加するたびに、それが送信するボリュームが地域内のその他の IP と最終的に同じレベルに到達するまで、ボリュームを徐々に増やすことで "ウォームアップ" します。 ほとんどの Dynamics 365 for Marketing サブスクライバーの場合、これは自動的に非表示で処理されますが、マーケティング メッセージをきわめて多数の受信者 (数百万人など) に送信することを計画している新しいサブスクライバーは、少数で開始し、フル ボリュームに到達するまで徐々に増やす必要があります。この場合、Microsoft サポート は、このプロセス中にユーザーに通知し、ユーザーを補助します。

電子メールの漏斗は何てすか


送信者の高い評判スコアは、適切なボリュームの電子メールを送信した IP アドレスと関連付けられます。 突然のスパイクは、断続的な送信ボリュームと同様に、スコアを下げます。 Microsoft は、各地域の Dynamics 365 for Marketing からのメッセージ送信専用の複数の IP アドレスを維持し、各 IP の送信量を一定に保つために、送信負荷を分散します。 新しい送信 IP を地域に追加するたびに、それが送信するボリュームが地域内のその他の IP と最終的に同じレベルに到達するまで、ボリュームを徐々に増やすことで "ウォームアップ" します。 ほとんどの Dynamics 365 for Marketing サブスクライバーの場合、これは自動的に非表示で処理されますが、マーケティング メッセージをきわめて多数の受信者 (数百万人など) に送信することを計画している新しいサブスクライバーは、少数で開始し、フル ボリュームに到達するまで徐々に増やす必要があります。この場合、Microsoft サポート は、このプロセス中にユーザーに通知し、ユーザーを補助します。

スマートKPIとは何てすか


専用の送信者 IP は標準 Dynamics 365 サブスクリプション契約の一部ではなく、複雑さが増して経費も増え、標準の送信者 IP と比較して配信率が減少する可能性があるため、Microsoft はこれを全般的には推奨していません。 Microsoft は、そのつど専用の送信者 IP 用のアプリケーションを考慮し、必要な場合は複数の専用送信者 IP をサポートできます。 専用の送信者 IP が組織のメリットになると考えている場合は、Microsoft のサポートにお問い合わせのうえ、利用条件を満たしているかどうかを調べてください。 このプロセスの主な目的は、配信率を可能な限り高められるようお客様を支援することです。 この判断を行うにあたって検討すべき重要な要因には次のようなものがあります。

あなたは、収益性の高いニッチを決定するにはとうすれはよいてす

×